しっかり眠ってことにあたる

不眠症

失敗するよりも成功したほうがいいですね。どんなことでも、どうせやるなら上手くいった方がいい。

成功の確率を上げるものはいろいろありますが、成功のために絶対に必要なもの「基本」。

基本ができてさえいればすべてが上手くいくわけではありません。しかし基本をおろそかにして上手くいくことはない。

人間は練習しないと泳げない

突然ですが、人間は練習しないと泳げません。

クロールやバタフライをやっている人をいきなり真似て、誰にも何も教わらずに、同じようにやろうろしてもできません。何度か挑戦しているうちにできるようなるかといえば、おそらく無理。運動神経がいい、といわれる人でも無理です。

が、だるま浮き、伏し浮き、けのび、バタ足と順を追って、基本からやれば誰でが泳げるようになります。

オリンピック選手になるとか、世界記録を出すとか、特別高いハードルを越えられるのは限られた人ですが、単に「泳ぐ」ということであれば、そんなに難しくはありません。

難しいのは、基本をやらずにいきなりことにあたること。

眠りは基本

「眠る」とは、「生きる」や「夢を叶える」ことにおいてのだるま浮きや伏し浮きやけのびです。

ここを通らずして前には進めない。

自分の秘めたポテンシャルを発揮させるためには、しっかりと眠ることが最優先事項です。

読んでくれてありがとうございます。

大切な眠りを得るために

何もしないでよく眠れるのであればいいのですが、そうでないのであれば積極的に眠れるようにしていきましょう。

〇運動する

不眠症の人はどうしても昼間の行動が鈍ります。一日には昼と夜があり、昼にはしっかりとエネルギーを使い、夜は補充するというメリハリが大切です。よく眠れないとメリハリが生まれません。またメリハリがないために、寝つきが悪かったり、眠りが浅くなったりします。昼間に運動してメリハリをつくりだしましょう。

〇冷えをとる

人間は寝る時間になると体温が下がり眠りに入っていきます。そのためには寝る前には体温が上がっている必要があります。しかし冷え症の人はそれ以上体温が下がらず、うまく入眠できません。冷えをとることが眠りを深くするポイントになります。そのために運動、入浴、食事が大切になります。

〇睡眠環境を整える

不快な音や、寝心地の悪いベッドは睡眠を妨げます。ふとんやベッドが合っていないと、朝起きた時に疲れが取れていないとったことになります。限られた時間を有効なものとするためにも、できるだけ睡眠環境を整えましょう。

〇鍼灸治療を受ける

鍼灸治療を行う際の基本となる理論が「陰陽論」です。陰は休息、陽は活動であり、このバランスがくずれることで不眠となります。鍼灸によって陰陽のバランスを取り戻しましょう。

不眠と不妊

不眠症とは、ベッドに入ったもののうまく眠れなかったり、眠りが浅かったりするものをいいます。体調を良好にするためには不眠症を改善することが不可欠です。不眠症とは別に、ベッドで過ごす時間的絶対量が少ないために、睡眠で得られるはずの「気」が不足しているケースもあります。睡眠の質と同様に時間も大切です。睡眠時間を確保しましょう。

中央林間うえだ鍼灸院







↓クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村


東洋医学ランキング