心身を調えるためには、いろいろやったほうが楽

ストレス

体の不調、こころの不調、実に多くの不調、病気があります。体調を少しでもよくして、快適な毎日を送りたいと願うのはあなただけではありません。そのためには、①ストレスを減らす、②ストレスが掛かっても耐えられるようにしておく、どちらか。これはどちらも非情に大切です。

●ストレスを減らす

●ストレスが掛かっても耐えられるようにしておく



現実的に考えると「①ストレス」を減らすのはかなり難しい。減らせるものは減らしつつ、試みるのは、②の「ストレスが掛かっても耐えられようにしておく」、つまり、心身のコンディションを良好に保つということ、になります。

睡眠不足、疲労蓄積、冷え症は✖

結論からいえば、しっかりと眠る、しっかりと栄養をとる、疲れを溜めない、冷え症を改善する、これらが実践されれば、結果として、コンディションは上々となり、ストレスをはね返すことができます。真っ正面から受け止める必要はなく、かわす、そらす、または逃げる、なんでも構いませんが、睡眠が足りていないと、栄養が足りていないと、疲れていると、冷えて氷のように固まっていると、それすらもできなくなってしまいます。

体調を良好に保つための具体的な方法として、早めの帰宅、早めの就寝、美味しく食べる、サプリメントの活用、長めの入浴、入浴以外のリラックスタイム、お灸、ストレッチ、気功などがあります。毎日でもやりたいところですが、そうもいきません。そこで分割にします。曜日ごとにやることを決めて、できるだけ実行します。これはこころと体、いい換えれば命が掛かっていますから、あまり先延ばしにしてはいけません。

●早めの帰宅

●早めの就寝

●楽しく食べる

●サプリメントの活用

●長めの入浴

●入浴以外のリラックスタイム

●お灸

●ストレッチ、気功

まったくやるか、まったくやらないか、ではなく少しでもやって、「トータルで稼ぐ」ようにします。いかに時間を確保できるかが成否を分けます。

読んでくれてありがとうございます。

中央林間うえだ鍼灸院



↓クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


東洋医学ランキング