胃十二指腸潰瘍という形で体は悲鳴をあげている

ストレス

胃潰瘍・十二指腸潰瘍とは、塩酸やペプシンなどの胃液(消化液)が過剰 (胃酸過多、胃炎の進行した状態) になり、胃の内容物だけでなく、胃や十二指腸の組織そのものを消化して、粘膜や粘膜下の筋肉(平滑筋)が剥がれ落ちる病気です。

〇症状

心窩部(みぞおち)、上腹部痛、胸やけ、げっぷ、悪心嘔吐など。ひどくなると吐血、下血、穿孔、狭窄(通貨障害)を起こし、腹膜炎を併発することもあります。

胃液分泌が過剰になる原因

胃潰瘍になるほど胃液が分泌してしまうのは、副交感神経の働きが過剰になったためです。ではなぜ副交感神経が過剰になってしまうのでしょうか?

胃腸は自律神経の交感神経と副交感神経の両方に支配されていて、これを二重支配といいます。通常、交感神経が活動しているときは副交感神経は抑制され、副交感神経が働いているときは交感神経は抑制されます。人体にストレスが掛かったとき、交感神経が活動するために副交感神経は休息モードになり、人体がリラックスしているときは副交感神経が働きます(人体が休んでいるときに、副交感神経も休んでいるのではありません)。つまりストレスが掛かったときというのは、副交感神経は抑制されています。しかし、交感神経ばかりが働き過ぎるとバランスを取ろうとして、副交感神経も活動するといった病的な状態になります。このようにして、胃液の分泌が過剰になってしまうのです。

※故・安保徹氏(新潟大学医学部・医歯学総合研究所教授)によれば、胃潰瘍は、胃酸過多やピロリ菌によるものではなく、交感神経過多による増加した顆粒球が胃粘膜を破壊するため。

胃十二指腸潰瘍ができるとき、できたとき

副交感神経が活発になってしまうほどストレスが掛かっている、そのようなとき、ベースに交感神経の過緊張があることを考えれば、疲労は蓄積され、体は冷え、睡眠もよいとはいえない状態でしょう。このようなときはしっかりと体を温め、心身ともにリラックスすることが、病気を悪化させないためにも非常に大切です。患者さんが自分でできることで行ったほうがいいのは、なんといっても入浴です。ぬるめのお湯でしっかりと温まりましょう。長い時間湯船に浸かるのが苦手な方は、半身浴もお勧めです。

胃十二指腸潰瘍に対しての鍼灸治療

胃十二指腸潰瘍にともない、 食欲不振、酸症状(胸やけ)、悪心嘔吐 、上腹部痛(内臓痛、関連痛)、交感神経反応、体性神経反応、などの症状が現れます。

痛みの現れる場所、痛みや症状の現れ方、諸症状に対しての対応の仕方は、前項の「胃酸過多は自律神経の乱れによる病的状態」「胃の調子がわるいときに現れるコリ」を参照して下さい。痛みや不快感などの症状を緩和できても、ストレスを無くす、あるいは減らさない限り、根本的な解決にはなりません。H2ブロッカーなどの薬物治療の再発率は9割超えるとい報告があります。

胃潰瘍と胃癌は別のもので、胃潰瘍を放っておいて癌になるわけではありません。しかしどちらもストレスによって発症のリスクが高まるということを考えれば、予防のために行うことはおのずと見えてくるでしょう。

中央林間うえだ鍼灸院