頭痛にもいろいろあるけれど

不眠症

現代医学的にみれば自律神経の乱れ

頭痛持ちの人がいます。

・低気圧が近づくと頭が痛くなる

・休日になると頭が痛くなる

・寝不足だと頭が痛くなる

・ストレスによって頭が痛くなる

現代医学的にみればどれも自律神経の乱れによるものです。つまり自律神経が調えば頭痛はよくなります。

東洋医学的に頭痛をみると

東洋医学的にみると頭痛には、

・肝陽の亢進

・痰濁

・血瘀

・気血両虚

・腎虚

などがあります。

これらは証といわれるものです。証は病気の起こす要因であり、治療を行うときのポイントにもなります(例えば肝陽の亢進による頭痛であれば肝陽を抑えることに重きをおいて治療するということ)が、どのタイプの頭痛あっても、これらの要因により最終的に「気」の流れが停滞して頭が痛くなります

自身でできること

つまり患者さんが自ら行ったほうがいいのは、気の流れをよくすること。

心身を温め、よく眠り、疲れを溜めないこと、溜まった疲れは早く取り除くこと、暴飲暴食を避けることです。

頭痛に限らず、いわゆる「持病」によって生産性は相当損なわれます。

頭痛、腰痛、肩こりなどなど。その発症率を下げることで、驚くほど効果が上がるかも知れません。「おれはこんなにできるやつだったのか」と。

鍼灸と頭痛

定期的に鍼灸治療を受けることで、頭痛が徐々に和らいでいきます。頭痛の治療は頭皮上に表れる痛みの個所だけに鍼を刺すのではなく、頭痛の背景にある、疲労、冷え症、不眠症に目を向けて治療を行うことが根本治療になります。

読んでくれてありがとうございます。

※いつもと違う頭痛であった場合、検査機関(病院)で検査を受けてください。

中央林間うえだ鍼灸院

あなたの能力は、きっとそんなもんじゃない





↓クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村


東洋医学ランキング