とにかくストレッチ

運動

とにかく体を動かそう

何かの種目で記録更新をねらうとか、優勝するとか、そういうことであれば話は違ったものになりますが、目的が運動不足解消くらいであれば、運動はなんでもいいです。とにかく体を動かすこと。

歩いたり(場合によっては走ったり)、多少の筋トレなどもできればやったほうがいいですが、まずはなんでもいいから体を動かしましょう。

ストレッチは大して場所も取らないし、テキトーでもいいから、やればそれなり効果あります。こうじゃなきゃいけない、といった厳格な決まりがあるわけではありません。

あまりに規制ゆるいとかえってやりにくい、という人は次のことを意識しながらやるといいですよ。

ストレッチのとき気を付けた方がいいこと

・やりながら呼吸を意識する。ゆっくり吐いて、ゆっくり吸います。鼻で吐いて、鼻で吸います。口の方が吐きやすいのであれば、口でもいい。吸うのは鼻です。そのほうが鼻本来の機能が活性化して、自律神経も整いやすいんだそうです。

・のばしている筋肉に意識を向ける。呼吸も筋肉も、両方意識するのが難しいという人もいるかもしれません。テキトーでいいです。少し長めにやるといいですね。体幹部やお尻、太ももなどは30秒~。

ストレッチとヨガ

呼吸や筋肉に意識をむけてストレッチをやると、限りなくヨガになります。というかそれはヨガ。「ストレッチ」もアメリカの運動学が専門のボブ・アンダーソンという人が、ヨガを真似てつくったものですから、ストレッチもヨガ(狭義の意味でのヨガ)も同じようなものです。

だんだん調子がでてきて、立ったり、床に寝たりしてやりたくなった場合、それが許されるのであれば大いにやってください。

ストレッチとストレッチの間に他の動き(例えば手を閉じたり開いたり)を行えば、自分だけのオリジナルルーティンができます。それはそれで楽しい。

読んでくれてありがとうございます。

央林間うえだ鍼灸院

ストレッチをやろう。



↓クリックしていただけるとうれしいです。

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村


東洋医学ランキング