アザができやすい、皮下出血しやすい

東洋医学

気が付いたらアザができている、いつの間にか皮下出血している。これは東洋医学的にみると、気の力が弱い「気虚」の状態です。

気の作用

気にはさまざまな働きがあり、アザができやすいのも、気虚の表れです。

●推動作用:人の成長や発育、すべての生理活動、新陳代謝に関わる作用。また推動という言葉からもわかるように血や水といったもの(気自身も)は、気の推動作用によって全身を巡っています。

●温煦作用:臓腑・器官などの組織を温め、体温を保持する作用。生体が尊命するためには一定の体温が必要です。

●防衛作用:体表において外邪の侵入を防ぐ作用。また内部に侵入した外邪や内部で発生した内邪の動きを阻止する作用。

●固摂作用:血や水、精液などが出ていかないようにする作用。尿や大便の排泄も、この固摂作用によって調節されています。

●化生作用:血や水などの体を養う成分が作り出される作用。食べものが体に吸収されるために形を変えるのは化生作用によるものです。他に、ガス交換、水が尿に変わる、大便の形成などがあります。

体内において生命活動を行うための気には、酸素と食べ物から作られる「後天の気」と、両親から受け継いだ「先天の気」とがあります。五臓の中で、後天の気は脾、先天の気は腎と深く関わります。つまり気の力が弱いと感じた場合、脾と腎を補わければなりません。

脾虚

脾とは、現代西洋医学でいえば消化器の働きに相当します。その働きは主に、運化、昇清、統血の三つです。運化とは消化して運ぶといった意味で、その過程において吸収された栄養が四肢・臓腑に取り入れられます。アザができやすい原因の一つに、脾の統血作用の低下があります。

腎虚

脾のもつ統血作用以外で、体内の気・血・水などをつなぎ留める働きに「固摂」があり、これは五臓の腎と深く関わっています。

脾虚や腎虚はエネルギー不足の状態ですから、アザができやすいだけでなく、疲れやすい、風邪を引きやすい、すぐに汗がでる、立ちくらみする、といった症状をともなっていることが多くあります。脾や腎の虚により体は冷えやすくなり、これを脾腎陽虚といいます。

※糖尿病などで血管が脆くなっていると皮下出血しやすく、この場合、糖尿病に目を向けた治療が必要となります。その場合も、脾の働きをよくすることが治療のメインとなります。

瘀血との関係

瘀血とは、血の停滞によって生じる病理産物のことで、血管から漏れ出たもの(アザ・皮下出血など)も瘀血です。血は気の力(推動作用)により体内を巡りますが、この全身に広がろうとする血に一定の方向づけをするのが気の統血作用です。つまり気の働きが弱いと瘀血を生じやすく、瘀血によってさらに血や気の流れが妨げられるという状況に陥ります。

温めて巡らす

気も血も(水も)、巡ることで体の各細胞は滋養されます。巡るためにはそれだけの力が必要で、気を補うために大切なのは、まずは「規則正しい」を心がけることです。自律神経の面からみても、不規則な生活は気を弱らせ、瘀血を生じさせやすくさせます。自律神経が交感神経過多になると、血管は収縮して血液の流れが悪くなり、これが東洋医学でいうところの「冷え」を生みます。栄養バランスのよい食事をしっかりと取り、適度に運動することで、熱が生まれ、気血の巡りがよくなります。

中央林間うえだ鍼灸院




東洋医学ランキング

にほんブログ村 健康ブログ 東洋医学へ
にほんブログ村