ちょっと休憩、その前にツボを押す

東洋医学

体を多く使う仕事、頭を多く使う仕事、いろいろあります。体と頭をバランスよく使えればいのですが、なかなかそういうわけにもいきません。だから「職業病」なるものが存在します。

デスクワークで疲れるところ

デスクワークの人は、腕や手や指、目、首肩、頭(脳)の病気になりやすい。パソコンの使い過ぎによる腱鞘炎、疲れ目、肩こり、不眠などの症状となって表れます。

人間の体は脳が司令塔、そこから発信された命令によって各器官が働きます。司令塔も各器官も使い過ぎれば疲れます。疲れたままではいいアイディアは浮かばず、生産性も停滞したまま。ときどき小休止して仕事の効率を上げましょう。休むときは脳も体も、一斉に休んだほういいですね。

まずは、腕・手・指を使うのを止めます。すると腕や手を固定するために使われていた首や肩などの筋肉の緊張もゆるみます。

そして目をつむります。目をつむれば、目も、目からの情報を受けとる脳も休まります。

小休憩に入る前に

つまりはパソコンの作業を少しの間止めます。そこからしばしの「少休憩」に入るのですが、その前にツボを押す。押しやすい(手の届きやすい)ツボがありますから、そこを押します。

押しやすく効果のあるおすすめのツボは労宮、内関、曲池。

労宮:手のひらのほぼ真ん中、こぶしを握って薬指の先端があたるところ。

内関:前腕部(手首から肘まで)の手のひら側、手首から肘に向かって(指の横幅3本分)のところ。

曲池:肘を曲げてできるシワ外端のところ。

ここを親指でグーっと、5~10秒ほど押します、息を吐きながら押します。その後、心静かにして目をつむります。

小休憩時間をより効果的なものとするために、ぜひやってみてください。

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村


東洋医学ランキング